当サイト【 もしもの時…だったらればっ! 】へようこそ!

当サイト【もしもの時…だったらればっ!】は仕事先やドライブ又はプライベートでのにおいての車関係のトラブルにおいて【もしもの緊急時への備え】を始め、レジャーでの『こんな時にアレがあったら…』とか『こんな便利なものがあれば…』という、巷で言えば【かゆい所に手が届くアイテム】を御紹介するサイトですだよ。

案外【いざ】というトラブルは滅多に起きない事は知れた事だし、たまのレジャー先では準備には思いもよらない不便さなどは現場や現地でなければ想像付かないもの。

そんな場面を当サイトではピックUPさせて紹介させてもらう。
まぁ…経験上と体験上からガチレベルで便利なグッズを紹介するわ。
気が向いたら見てくれ。(´・ω・`)y-~

新着情報

2017/08/15
ブログ【家族サービスを空気入れで完全燃焼させてしまったお父さん…ライフセーバーがSOS。 (ノA`) アチャー】をUP
2017/08/14
【女性でも安心!!誰でもどこでも高圧に空気が補充できるオートストップ機能付きポータブルコンプレッサー。】をUP
2017/05/21
【あると便利な多目的個室テント!】 ・ 【やはり必須!個室簡易トイレ。】 ・ ブログ【アウトドア派のという名の外出狂友人にネタインタビュー。そしてウ○コも体験させてもらった件。(´・ω・`)=3 スッキリ】をUP
2017/05/14
【野外での簡易シャワー関連のページ】 ・ 【ウォータータンク関連のページ】をUP
2017/05/07
コラム【実はステータスよりもトラブル面への対処の方が評価が高い。】をUP
2017/05/06
【バッテリー上がり関連のトラブルページ】をUP
2017/05/05
ホームページ【もしもの時…だったらればっ!】製作開始


------------------------------------------------- 広告 -------------------------------------------------------



------------------------------------------------- 広告 -------------------------------------------------------

トラブルや利便性は体験しないと気付かない場合が多い。

何かと車での外出自体が御近所であるならば全く問題はないのだが、遠出先であったりJAFへの登録をされていない場合や携帯電話のバッテリー切れでJAFすら呼べない場面になると手の施しようがない場合も緊急トラブルの特徴と言えるだろう。

また、家族総出で計画したレジャー先での車のトラブルになれば殆どが時間的にも大きな足止めを喰らうが大きな特徴だ。

そしてレジャーに向けて準備万端で望むも…不思議な事に必要だと思ったものが不要になり、不要だと考えていたものが最も必要なものになって要る事に気付く事も実際にはよくある事だろう。

それは普段【当たり前にある事】に気付かないのが旅先では最も日常生活に重要なアイテムになっている場合が多いのが特徴として挙げられるからだ。

アイテムのサポートアイデアを提供。

実際に体験した事や経験した事から本当に【イザという時】に役に立つピンポイントアイテムやアイデアを中心にサイトで紹介していく。

その中でも特にJAFへの出費を懸念される人やロードサービスを遠方で呼ぶ際に緊急コール自体が不可能なトラブルも想定しての御提案を提供させて頂く。
なお、それとは別にダブルでの保険掛けのつもりでJAFへの加入もしておけば二重の安心を得られるのは言うまでもない。

その場合は以下をクリックして契約するとイイだろう。
        ↓

↑公式JAFサイトへ飛びます。

レジャーに関しては普段気付かない盲点や利便性についても詳しく解説しておくのでアイデア感覚や新たに気付く部分も知識として検討するとイイだろう。

備えというものは最終的に使わないのが最も大事。

コレは保険にも言える事だが『備えたけど1度も使う事がなかった。』というのが最も大事な事なの。

不思議なもので備えるとトラブルに遭わず、備えなければトラブルに遭うのが保険の常識であり世の常だ。

それと同じように不時の備えというものを車内の隅に常備しておく事が何より大事な事だと認識しておくべし。

訓練がてら備えたものは必ず1度は試す事が大切。

不思議なもので、ほとんどの方が実際にタイヤ交換等の作業をした事がないのが日本の車事情。

海外等は国土の広さやインフラ整備が整っていない国が多く、大半の人達がタイヤ交換等の基本的整備を誰もが経験しているが、何故か不思議なのだが日本人は基本的メンテナンスを全て業者やショップ従業員に頼りきりになり、いざという時に慌てふためいてしまう現状が示唆される。

どんなに優れたアイテムも使う事でしか経験や体験は積めんが、出来るならば必ず1度は仕様して現地でのトラブルやレジャーでスムーズな作業が出来るようになっておく方がイイだろう。

現地や現場で取扱い説明書を読む行動は意外と時間のロスを生む結果になり易いものなのだから…。(´・ω・`)y-~


        -------------------------------------------- 広告 ----------------------------------------------

        -------------------------------------------- 広告 ----------------------------------------------










------------- 広告 --------------

------------ 広告 ----------------